MENU

走行距離12万キロ・・・・0円確定?!

 

自動車の下取りの画像

 

新車に乗り換えをする際、車の下取りに出してみた・・・・
けれど走行距離12万キロ・・・・

 

「金額はつかず、無料で引き取らせていただく形になります」

 

とディーラーの担当者さんから言われる確率はかなり高いです。

 

「そうだよね。無料で引き取ってくれるだけでも、ありがたい話ですよね」

 

と諦める前に、30秒ほどお時間をください!

 

複数の買取店へ査定依頼をしましたか?

 

12万キロ以上だと、価値がないのでは?と思われがちです。

 

しかし、海外へ輸出(※アフリカや東南アジアなど)したり、修理用のパーツとして取引されるケースがあり、
数万円ですが、値段をつけて売れる可能性があります。

 

ディーラーはそうした販売ルートがありませんが、買取店は幅広いルートを持っているため、 その確率が高いです。

 

また、複数の買取店へ査定を依頼することで、あなたの愛車の価値を最大まで引き出せるかもしれません。

 

「でも、あちこちの買取店へ声をかけるのは面倒だよね?」

 

そんなあなたにピッタリのサービスが、車の一括査定サイトです。

 

1回の依頼で、無料で複数社に査定依頼ができるサービスです。

 

【今すぐ、無料一括査定をするならこちら】

 

http://a-satei.com/

 

 

ちょっとした”裏技”で価値を引き出す

 

「よし、じゃあ、さっそく一括査定サイトに登録してみようか」

 

呼び止める女性

 

ちょっと待ってください!

 

実は、一括査定サイトは1つだけでなく、3つあり、それぞれ加盟している買取店が異なります。

 

【車の一括見積サイト】

  1. かんたん車査定ガイド(※無料)
  2. カーセンサー(※無料)
  3. 楽天オート(※無料)

 

極限まで愛車の査定額をアップさせたい!
のであれば、一括査定サイトも複数利用しましょう!

 

それぞれ特色があり、例えばかんたん車査定ガイドは大手有名店が多く、カーセンサーは地元系密着系のい店舗が多く加盟しています。

 

つまり、一括見積サイトも複数利用することで、より価格競争が激しくなり、高額査定の確率がグンッをアップします!

 

登録は手間がかかりますが・・・

 

「3つも登録?!面倒くさいな・・・」

 

確かにその通りです(汗)

 

ですが、わずか8分程度の入力で、数十万円以上高く売れる売れる可能性があるため、試す価値はあると思います。

 

もちろん、一括査定サイトの利用料金はすべて無料ですし、万が一提示額に満足できなければ見送ることも可能です。

 

このサイトがきっかけで、あなたの車が少しでも高く売れることを期待しております!

 

 

かんたん車査定ガイド(※完全無料)

 

 

 

≪特徴≫

 

@超高速の32秒! 他を圧倒する簡単入力
A愛車の買取概算価格がスグわかる
Bパソコンやスマホ初心者に優しい入力設計
CJADRI加盟店が参加

 

http://a-satei.com/

 

 

 

カーセンサー(※完全無料)

 

 

≪特徴≫

 

@リクルートが運営する老舗自動車情報サイト
A地元密着店に強い【※地元愛が強い方は必ず!】
B事故車も受付OK!

 

 

http://kaitori.carsensor.net

 

 

楽天オート(※完全無料)

 

 

≪特徴≫

 

@車売却で楽天1500ポイント付与!
A大手ショッピングモール楽天が運営
B初心者にやさしい

 

https://auto.rakuten.co.jp

 

 


 

 

車買取Q&A

 

 

車買取を紹介する人

 

車の下取りと買取の違いとは?

 

車を買い替える、あるいは手放す際に下取りと買取の違いがよくわからないという方は多いでしょう。両者の違いは「購入するお店で売るかどうか」の違いです。

 

例えばあるディーラー、もしくは中古車店で購入後、同じお店で「買い替える」場合、基本的には現在乗っている車を手放すことになります。この場合、新車ですと「値引き幅アップ」となるのですが、理由は「処分した車の値段をプラス」するためです。

 

一方、買取店は文字通りの「買い取り」です。例えば別のメーカーのものを買いたいと思った場合であったり、あるいは車に乗る必要がなくなった人が売却するケースも含まれます。

 

買取のメリットは価値がダイレクトに反映されることです。走行距離等はもちろん、例えば装備が充実していたり、あるいは特別仕様だったりする場合、その内容が査定アップの材料となります。下取りの場合、装備等の価値がそれほど加味されないというのがデメリットです。見た目には分かりづらいものの、希少なモデルを売りたいケース等は利用する価値があるといえるでしょう。一方、

 

一方、下取りのメリットは便利さにあります。同じ場所で売り、またその流れで購入する場合、ワンストップで手続きが行えるのが魅力です。また前述のとおり、値引き幅のアップという形で還元されるため、同じメーカーで新車を購入する際には利用しやすいサービスだといえます。

 

タイミングベルトの交換時期はいつごろ?

 

タイミングベルトの交換時期は車種によって大きく異なります。大型車と軽自動車、また国産車と輸入車によってもことなります。あるいは車に乗る環境によっても異なります。同じ車であっても「いつ交換すべきか?」というのが同じとは限りません。

 

一般的に10年または10万kmが交換時期の目安とされておりますが、例えば国産の高級車ですとこれよりも長持ちする傾向にあります。一方、軽自動車ですとこれより短くなる傾向にあります。理由としては材質の問題に加え、タイミングベルトの回転量が多いというのが挙げられます。軽自動車の場合、日常走行でエンジンが多く回るため、タイミングベルトの負担が大きいためです。

 

また、国産車よりも輸入車はタイミングベルトが短い傾向にあります。即ち軽自動車や輸入車はタイミングベルトの交換時期が10年、10万kmよりも短い期間で交換する必要があるといえるでしょう。最も早くて5年〜8年、走行距離にして5万〜8万km程度です。

 

タイミングベルトの劣化を遅らせる方法としては、メンテナンスをしっかりと行っておく必要があります。オイル交換はもちろん、日頃から車を走らせ、オイルを浸透させておくことで、劣化を防ぐことが可能です。タイミングベルトが早く切れる車の中には走行距離が極端に短く、そのためにゴムが劣化していたケースが存在します。

 

買い替えをする理由をいくつかご紹介

 

車買い替えの理由として多いのは、乗っていた車が古くなったからというものがあります。

 

日本車はメンテナンスをしっかりしていれば、いつまでも乗り続けることができますが大体10年10万キロを超えてくると、消耗品の交換が増えることで整備にまとまったお金が必要になってきます。

 

乗り続けることが出きると言っても、古い車にお金を出すよりは新しい車の資金にしたほうが良いと買い替える人は少なくありません。

 

元から短期間で乗り換えていくという人も珍しいものではなく、初回車検辺りで車を手放せば車の価値も十分に残っているので、新しい車も安く買い換えることができます。

 

そのため、最初から短期間で乗り換えることを前提として次々に乗り換えていくという人もいます。

 

使用用途に合わなくなったので車買い替えをするというのも理由として少なくなく、結婚をして家族が増えたり子供が生まれたことでそれまで乗っていた車では不便なので車乗り替えをするという人もいます。

 

理由として人それぞれあり、これ以外にも様々な車買い替えをする理由はありますが代表的なものとしてはこのあたりの利用が多く、大半の人が上記のいずれかの理由に当たるのではないでしょうか。

 

 

車の一括査定サイト、メリット・デメリットを解説

 

車の一括査定サイトのメリットは複数の買取業者に対して一括して査定を依頼することができることです。

 

その結果、最高値の買取業者がどこであるのかがわかり、高額買取が可能になります。また単に買取業者の査定額を横並びにして比較できるだけがメリットではありません。

 

各買取業者は他のライバルとなる他者と競合されていることを意識するために、通常よりも少し高値を付けてくる可能性が高いということもあります。

 

交渉しだいではまるでオークションのようにどんどん買取価格が跳ね上がっていくことも珍しいことではありません。

 

それに対してデメリットは、複数の買取業者に対して対応しなければならないので時間と手間がかかるということです。

 

面倒なことが苦手な人には向いていないかもしれません。また複数の買取業者を競合させて買取価格がアップするように交渉するのがプレッシャーという人も向いていないかもしれません。

 

ただ、実際にやってみると交渉もそれほど難しいことはありません。買取業者はゆっくり交渉している時間がないので、
こちらが渋っていると買取業者のほうから「いくらなら売ってくれますか」という感じで、買取価格を上乗せしてくれることも少なくありません。

 

 

車買取査定は車検前・車検後、どっちがいい?

 

車買取査定を受けるなら、車検前・車検後のどっちがいいかというと車検前となります。

 

理由としては車検を受けるにはお金がかかりますから、査定額が同じだった場合車検前に受けて売るほうが車検後に受けて売るよりも車検にかかった費用の分だけ手元に残るお金が多くなるため、車検前に受けて売ったほうが良いということになります。

 

実際には車検後に受けたほうが査定額はやや高くなるのですが、実際に車検にかかった費用以上に査定額が上がるということはありませんから、結局のところ車検後に車買取査定を受けるのは損をしてしまうということになります。

 

 

車買取査定において車検の残り期限がもたらす影響というのは大きなものではなく、残り期限が短いよりは長いほうが有利という程度しかなく、無理やり車検を受けてから査定を受けるほどのものではありません。

 

注意しておくこととしては、買取業者が安く買い叩くための口実として車検の残り期限の少なさを上げてくる事はありうるため、車検前に査定を受けるのであれば車検は査定にそれほど影響があるものではないということを知っておくことです。

 

この点を踏まえて車買取査定を受ける時期を決めれば、有利な査定額を引き出すことができます。

 

 

自動車の寿命は何年くらいもつの?

 

かつては3年ごとに自動車を乗り換えるという人も少なくありませんでしたが、最近はできるだけ長く同じ自動車に乗り続けたいという人が増えてて来ているようです。

 

ところで、自動車の寿命というのは何年くらいもつものなのでしょうか。寿命を大きく左右するのは年式と走行距離です。

 

年式が古くなるほどその分寿命は近くなりますが、年式は新しくても走行距離が多くなると、寿命を早く迎えてしまう可能性が高くなります。

 

新車保証は通常5年間あるいは走行距離が10万キロまでつきます。つまり5年間あるいは走行距離が10万キロまでは故障することはほとんどないということです。

 

しかし、それを過ぎると故障が発生する可能性が高くなります。ただ故障したとしても、それで寿命というわけではありません。

 

消耗部品を交換したり、不具合箇所を整備すれば、再び問題なく乗ることができるようになります。

 

エンジンが問題なく動いている限り自動車はまだもちます。エンジンは使用状況によってコンディションは変わってきますが、20万キロ程度走行しても壊れることはありません。

 

ただ、性能は徐々に衰えていくので、燃費が悪くなったり、パワーがダウンしたりします。

 

また年式が10年を超えてくると、足回りが硬くなり、ボディにサビが発生したりシートがやれてきたりなど、乗り心も徐々に悪くなってくるので、自動車自体は問題なくても買い替えたくなる人が多くなるようです。

 

車のキズや凹み!修理前?修理後?査定に出すならどっち?

自動車を手放すときは、まずは査定をしてもらうことが大事です。

 

廃車にするには費用や手続きがかかるので、買取りをしてもらうほうがお得だからです。

 

少しでも高い値段で買取りをしてもらうためには、複数の買取り業者から査定を受けて、適正な査定が行われているか、買取り相場はいくらかを確認することが必要です。

 

ただ車のキズが凹みがあるときは、修理前か修理後のどっちに査定を出せばいいのか迷ってしまいます。その場合、車のキズや凹みを修理前に査定を受けることをおすすめします。

 

その理由として、修理を行うと、ある程度のまとまった修理費用がかかってしまいますし、保険を利用すると次の保険更新時にランクが下がってしまいます。

 

しかし車のキズや凹みは程度の差はありますが、それほど査定には影響しないからです。

 

車の買取りを行っている業者の多くは、車修理業者と深いつながりをもっていますから、それほど費用をかけずに修理ができるように連携をしています。

 

そのため査定額にはさほど影響しないので、修理にかかる費用のことを考えると、結果的に修理費用のほうが査定額の差よりも高くなってしまいます。

 

そのため修理前に査定に出し、キズや凹みがあっても隠さずに申告するようにしましょう。

 

10万キロ以上の車が売れない理由とは?

10万キロ以上の車は売れないと言う話を聞いたことがある人も多いかもしれませんが、売れない理由を正確に理解しているという人は少ないのではないでしょうか。

 

10万キロも走れば摩耗も激しく、すぐに壊れてしまうからと考えてしまいがちですが、実はそうではありません。

 

確かに走行距離が少ないものよりも消耗をしているのは事実ですが、車というのはそんなに簡単に壊れるものではなく、
タクシーを見てもわかるように整備がなされていれば何十万キロと走ることが可能です。

 

状態面では問題がないのに10万キロ以上だと売れなくなってしまう理由というのは、10万キロ以上走った車に商品としての価値を感じる人が少ないためなのです。

 

特に優良の中古車が並ぶ日本ではその傾向が強く、いくら10万キロ以上走っても状態面で問題がないと言われたところで同じぐらいの価格で走行距離が短いものがあればそちらを選ぶことになります。

 

わざわざ好き好んで走行距離が多いものを選ぶことはありませんから、走行距離が多いというのはそれだけで不利になってしまいます。

 

買取店も売れないものを買い取るわけには行きませんから、消費者が価値を感じない10万キロ以上の車を積極的に買い取ろうとはしないので、結果的に状態面で問題がなくても売れなくなってしまうのです。

 

 

 

 

TOPへ